ベッドのマットレスを新しくして半年。腰痛への影響は?

ベッドに布団を敷いて寝ていましたが、硬すぎることが気になりマットレスの購入を決めました。

色々な大手家具屋さんや布団を扱っているところをいくつか見て回りました。

二つ折りになるものや、低反発のもの、かなり厚さがあり固めのものなど、お店を回っては寝転びを繰り返して探しましたが、「とりえあずお手ごろ価格のマットレスを買って凌いで、いいものはじっくり探そう」と思って、生鮮食品も扱いつつ衣服類も扱うスーパーマーケットで厚さ10センチくらいのマットレスを購入しました。

結果的に、このマットレスが非常に効果が高く未だに使っているのですが、そこに気づくまでの話をします。

マットレスの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

まず最初に付属していたマットレスについてですが、ベッドを購入時に大体はマットレスがついていると思います。

今回、私が購入したときはボンネルコイルマットレスでした。といっても、その種類を調べて購入したわけではないのですが、バネ自体が連結しているので体が全体的に沈みやすく腰などに負荷がかかりやすいそうです。

私の場合は、最初は気になりませんでしたが徐々に朝起きたときに腰が痛いかも?と思いました。

それでも3年ほどは使っていたかと思います。交換しようと思った一番の原因は、劣化のせいか寝返りを打ったりベッドに座っただけでもギシギシとスプリングがうるさかったからです。さすがに普段座ったりゴロゴロすることも多いので、マットレスを外して布団を敷くようになりました。

マッドレスを取り払ってから、以前使っていた布団を使いましたが、やっぱり薄すぎるのか以前のマッドレス以上に背中が痛いと感じました。

畳の上などであれば、ある程度柔らかさを感じますが、人の体を支えるだけ頑丈に作られているベッドではなかなか寝心地がよくありませんでした。

そこから冒頭のマットレス探しになったわけですが、取り急ぎとして購入した10センチほどのマットレスは中にバネなどは無い低反発タイプです。

これが、ベッドとの間にちょうどいいバランスを保ってくれて、腰元が沈んでもベッド自体の位置までしか下がらないため、あまり負担かけないで寝られました。

また、中にバネが無いためゴロゴロしても以前のようなギシギシとした音がしないので快適です。

低反発タイプだと体にあわせて沈むので通気性が悪いという話を聞きましたが、私が購入したものはマットレス自体が緩やかな突起が全体にあり、横からみると波打つような形をしているので、通気性はかなり良いほうです。

マットレスの効果は腰痛にも大きいので慎重に選んだ方が良いですね。

たまたま買ったものがかなり良かったので、家族にも勧めています。
腰痛もすっかりと改善されましたし大満足です。
良いマットレスは必ず高かったり専門店でしかないわけではなく、意外と身近にあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です