筋トレをするときは腰痛に要注意

身体を鍛えたいと思ったことはありませんか。日頃からだらけているせいとお腹に贅肉がついてしまいます。一念発起し、いざ筋トレを開始し身体を絞ろうとする人も多いでしょう。

しかしこの筋トレによって新たな問題が発生することがよくあります。
それが腰痛です。お腹周りを鍛える腹筋を、日頃運動しない人がいきなりやり始めると、どうしても腰に負担がかかってしまいます。ある程度運動している人でも、激しい筋トレをすることで腰痛になってしまうこともあります。

運動初心者の場合、自分の限界が分からないのでついつい筋トレをやりすぎてしまうものです。早く身体を鍛えたいと思っているのでしょうから無理もないかもしれません。

しかし、無理して筋トレをし、腰痛になってしまうと筋トレを中断せざる得ません。そうなってしまえば、身体を鍛えるのが遅れてしまいます。急いで身体を鍛えようとするあまり、逆に遅れてしまうということになってしまうのです。

筋トレは身体に負担のかける行為です。ですから腰痛になる可能性が高く、筋トレをする上で腰痛に注意することは必要です。

腰痛を防ぐためには、腰に負担をかけないことが重要です。筋トレをするときは、なるべく腰に負担をかけないよう細心の注意を払わなければなりません。

そのために、運動初心者は自分の限界を知ることが必要になります。いきなり身体に大きな負担をかけるのではなく、徐々に身体に負担をかけるようにしましょう。
徐々に負担を増やすことで、無理なく身体を鍛えることができます。

万が一、腰痛になったときは、それ以上の筋トレをやめましょう。腰痛を無視して筋トレを続けてしまうと、さらに腰痛が悪化してしまうおそれがあります。

腰痛は身体が発するシグナルです。これ以上負担をかけると身体に影響が出るというシグナルなのです。腰痛になったら筋トレを止め、痛みが治まるまで筋トレやその他の運動を控えましょう。
腰痛を軽く思わないで、しっかり対応することが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です